図工について考え、これから勉強していこうと思っている小学校教師の日記


by hita61
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6/20(日)子どもたちにメッセージを

 江別第二中学校での研究協議会の後、「生徒へのメッセージカード」が配布された。これは、その名の通り、参観者が生徒へのメッセージを残すものだ。
 私は、今まで、研究授業の感想やアンケート用紙を受け取ったことがあるが、参観者が子ども宛にメッセージを残すものは初めて見た。

 帰りの飛行機の中で、子ども宛にメッセージを残すことを思い出し、「そうだよなぁ、子どもだってかんばっているんだよなぁ。」とか「研究授業で知らない先生にずっと見られて、ノートをのぞかれたり、グループでの話し合いに聞き耳を立てられたり、いやだよなぁ。」とか「一番評価されるべきは、子どもなんだよなぁ。」などとしみじみ思った。

 研究授業の翌日、子どもたちに、研究協議会でほめてもらったことを話すととてもうれしそうに聞いている。それが、メッセージカードとして残っていたら、もっとうれしいし、勉強のやる気がUPしそうだ。
 この取り組みは、すぐにできるし、参観者の負担も大きくない。そして、何よりも子どもたちにとって、うれしい。だから、こういう取り組みが増えるといいと思った。

 勤務校の校長先生に、このことを話した。来年度、本校は大きな発表を控えている。その時に、やってみようと言ってくださった。うれしい。
f0236373_23541858.jpg

[PR]
by hita61 | 2010-06-25 23:56 | 他の場所