図工について考え、これから勉強していこうと思っている小学校教師の日記


by hita61
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 私は、制作の経験もないし、美術の専門性もないのに、図工を教えていていいのかな。今まで、自分なりに、人に聞いたり、研修等に進んで参加し、勉強してきたつもりだけど、結局のところ、私には、経験がなく、語るものがないのだ。知らないことがありすぎる。なんか、へこむ。って、三澤先生に話したら、 教育の目から美術を語ればいい、 教育ってどんなことなのか子どもの視点から図工をとらえていけばいいって言っていただけて、ちょっと元気になりました。

 三澤先生が子どもに語る言葉はやさしいです。子どもの言葉を使って語っていくって、スーッて心の中に入っていっていいです。そうだよなぁって素直に思えちゃいます。「こんな時はこんなふうに話してみよう」っていう三澤語録集を作りたくなっちゃいます。

 「トントンギコギコ図工の時間」のDVDを見ました。子どもたちが自分の思いを表現するためにすごく考えていて、いろいろな道具を使いこなしていて、すごいなって思いました。図工室が、活気に満ちて、生きていました。
 先生の「失敗してもいいからやってみろ。」「先生いいですかはダメね。いいかどうかは自分で決める。」「楽にものはできないけど、みつけながら作っていくのは大事」などの言葉もすてき。子どもにまかせていました。
 今までの自分を振り返り、私が子どもの発見を奪ってしまっていたこと、自分で考えてやりたりようにやってごらんと言いながら、先生これでいい?っていう確認を行わせるようなことをしていたこと、子どもが考える場や自己決定する場を奪っていたこと、などの反省点がでてきました。
 図工も、国語や算数と同じで、めあて達成に向けて考える時間でした。
[PR]
by hita61 | 2010-04-15 00:55 | 本や資料から
 今日から、大学の講義が始まりました。学生の中学時代の美術の振り返りを聞いて、教師としての立場からドキッとするものがありました。
 教師の専門性を高めれば、それだけ児童によい授業を提供できると改めて感じました。だから、教師は社会の変化に敏感になり、勉強し続けないといけないと思いました。

 図工とは何か?
 どうして義務教育で図工をやるの?
 図工で何を育てたいのか?
 作品をつくることで子どもは何を獲得するのか?
 どうして図工をやってよかったと思うのか?
 できたときなぜうれしいのか?
 見た目のよさではなく、どれだけ自分自身と投影できたかをどう評価していくのか?

 今までちゃんと考えたことがありませんでした。なんとなく、この問いに答えられるような・・・。でも、違う・・・。いろいろなことが、ぐるぐるめぐって、頭の中がぐちゃぐちゃです。
 
 イメージをふくらませることで科学が発展してきたこと、相手の気持ちを考えられることなどの話を聞いて、イメージをもつことって、人類にとってかけがえのない宝物なんだって思いました。
イメージをもつってすごいことなんです。
[PR]
by hita61 | 2010-04-13 00:41 | 武蔵野美術大学
 美術館で山本容子のワンダーランドをみました。銅版画の作品をたくさん作られた方でした。銅版画の作り方はわかりませんが、細かい作業だということは作品からわかりました。私は、銅版画ではないカラフルなトカゲのような絵とステンドグラスの作品が気に入りました。才能がある人は、いろいろなことができるのだと思いました。f0236373_2264656.jpg
[PR]
by hita61 | 2010-04-12 00:39 | 埼玉県立近代美術館
 美術館の鑑賞プログラムに参加しました。アートカードを使った導入をしてから、実際に展示室へ行って鑑賞活動をしました。内容は、作品からイメージしたことを短い言葉で表現する。表現された言葉を基に他の子がその言葉からイメージした作品を探すというものでした。
 子どもは、作品を観て何かしら感じているのだけれど、それを言葉で表現することは難しかったようです。子どもたちの様子から、語彙が少ないということ、自分の感じ方を文字で書くことに抵抗があるように感じました。
 子どもたちが、言葉から出題者の作品を当ててしまった時より、当たらなかった時の方が、おもしろかったです。なぜならば、「あ〜、なるほどね。」とか「〜もそうだけど、ぼくは〜からこっちを選びました。」という言葉が自然とでてきたし、当たってしまうより盛り上がったからです。自分と同じ考えに気づくのもいいけど、それより、違う考えに気づいた時の方が、楽しいのだと思いました。
[PR]
by hita61 | 2010-04-12 00:19 | 埼玉県立近代美術館
 東京国立美術館に小野竹喬展を見に行きました。小野竹喬がどんな人か知らないで行きました。行ってみて日本画家だということがわかりました。
 日本画は、山とか花とか昔の家とか描いてあるあまり色のない暗い絵だと思っていました。それに、掛け軸とか襖に描いてある絵だと思っていました。しかし、行ってみるとパステル調のかわいい絵もあり、私の日本画のイメージとは違っていました。空のピンクがとてもかわいくて、きれいでした。
 お土産やさんに絵はがきが売っていましたが、実物とは色が違っていました。実物の方が、ずっと色がきれいでした。実物を見たから言えることなので、やはり実物を知っているというのは違うのだなと感じました。
 平日だから、すいていると思っていましたが、意外と混んでいました。セレブっぽいおばさま方がたくさんいました。優雅だな。f0236373_23432580.jpgf0236373_23453218.jpg
[PR]
by hita61 | 2010-04-11 23:46 | 他の場所

4月5日(月)  入学式

 美大の入学式に参加しました。もはや、入学式ではなく、ショーでした。だって、火が噴いたし、スモークだってでてきたし、音だってすごいし、クレーンとかあったし・・・。それに、よくわからないけど、大きな魚や大きな骨みたいなカマキリみたいな人みたいなのがでてきたし・・・。
 今まで、何度も入学式に参加してきましたが、目と口が開いたままの入学式は、初めてでした。
 美大って、すごいなぁ。f0236373_2155373.jpg
[PR]
by hita61 | 2010-04-09 22:01 | 武蔵野美術大学
f0236373_21421019.jpg 美術館の鑑賞プログラムに参加しました。
 「下を向いて歩こう」というテーマで、普段何気なくみている地面に注目して、気に入った場所を写し取りました。そして、最後に、8メートルほどの紙に写し取った地面を吹き抜けからたらし、みんなで鑑賞しました。
 私の学校だったらどんなところを写し取ると楽しいかな、子どもはどんなところを写し取るかな、写し取ったものをどうやって垂らそうかな、みんなどんな反応をするかなと、自分の学校の子のことばかり考えてしまいました。
[PR]
by hita61 | 2010-04-09 21:44 | 埼玉県立近代美術館

初めてのブログ

生まれて初めて自分のブログを立ち上げました
どんなふうになるのかどきどきです012.gif
[PR]
by hita61 | 2010-04-09 21:13