図工について考え、これから勉強していこうと思っている小学校教師の日記


by hita61
カレンダー

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 私の勤務校では、今年度から「言語活動の充実から確かな学力を育む授業の創造ー全教育活動をとおして言語力向上を目指す単元開発−」という研究テーマで文部科学省教育課程特例校指定と埼玉県国語教育研究会委嘱を受けている。そのこともあり、私の頭のどこかにいつも「言語活動」という言葉がある。
 図工における言語活動とはどんなことなのか私なりに分かっているつもりだが、文部科学省の奥村教科調査官にお会いしたとき、どうしても「言語活動って何ですか?」と聞きたくなってしまった。だから、聞いた。そうしたら、紙と鉛筆を貸してと、表や絵、よい例と悪い例などを示しながらを教えてくださった。

1 教科目標を達成するための手段の一つであること。
2 「生きる力」を「教科目標」で育成していく。
3 例えば活動が20分、言語活動が25分を行ったとする。6年生ならば、年間50時間だから、25分×50で年間30時間も使うことになる。これでは、いけないこと。
4 活動40分、言語活動5分でよい。なぜならば、活動が豊かになれば、言える力も豊かになる。
5 下の図について。
 ある子が粘土を使った活動をしていたとする。その子は、「色」「形」「イメージ」などを考えて活動いていても、それを第三者は見ることができない。第三者が見ることができるのは、ピンクに囲まれた部分だけである。でも、言葉にすることによって、その子の考えていることが見えるし、それを聞いた他の子が何か思い付くかもしれない。つまり、言語活動をすることによって活動が豊かになる。そのための言語活動である。
f0236373_20443090.jpg

その他にも、京都市立宇多野小学校の授業の動画でも教えてくださった。

 頭の中を整理できたし、根本的なことはちゃんと分かっていたということが分かった。そして、文科省の奥村先生から直接言語活動について教えていただけたことで、安心した。
「おいしい物を食べないとおいしいとは言えない」「感動体験が大切」もここにつながっていくと思った。つまりは、話したくなるような環境づくり、授業づくりをすることが、活動を豊かにすることにもなり、言語活動の充実にもつながっていくのだと改めて思った。
[PR]
by hita61 | 2010-11-04 21:38 | 他の場所
 f0236373_2126467.jpg
 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会京都大会に行った。保育園から高等学校までの公開授業がある大きな大会だった。
 1日目は、京都市立宇多野小学校に行った。正門には、手作りの看板があった。ゴシック体で書かれている大きな看板はよく見るが、手書きの看板は初めて見た。
 宇多野小学校では、1〜6年までの14学級と特別支援学級の全15学級の公開授業が行われた。体育館には、児童の作品が展示されていた。先生が作った題材名の掲示の仕方には、工夫があった。私は、全学年の授業を一通り見て回った。だから、ひとつひとつは詳しくは分からないが、雰囲気や活動の様子は分かった。

 分科会は、中学年部会に参加した。愛知教育大学藤江充教授の指導助言の中に「資質と能力」についての話があった。私は下記のように理解した。

 資質と能力について
 「育成すべき資質や能力」と言われるが、育成する対象となるのは資質である。そして、これをやればできるというものが能力になり、資質と能力はかたまって新たな資質となり、それにまた能力がついてどんどん固まって増えていくものである。

 アプリを作った人は「自分が思ったことが形になっていくので楽しい。」と言っている。つくり出す喜びを経験させるのが図工である。鑑賞も通してつくる喜びになり、それが共通事項へとつながっていく。

 その他にも授業について具体的な指導助言があった。主な指導内容は、次のようだった。
3年「トントントンくぎうち名人」では、
くぎうちを楽しめばよい。
子どもが使いやすい金槌についても考えた方がよい。
今回使用していた太い釘は、子どもにとって打ち込むのが難しいのではないか。
釘をうって、木片をどうつかっていくのかが創造的な技能になっていく。
4年「焼き物のススメ〜京焼・清水焼を味わおう〜」では、
子どもが使っている茶碗の素材がどんなものであれ、自分が使っている茶碗をもってきて見比べてみるのもよい。
図工には、言えない世界がある。言葉では言えないけれども、わかるよねという世界がある。
4年「ありえない絵 美術館」では、
授業で意図したことはわかるが、「ありえない」という言葉には否定的なイメージがある。「あったらいいなこんな世界」というような投げかけの方がよかったのではないか。

 私は、「資質と能力」の話を聞いて、三澤先生の授業のジョハリの窓を使った認める評価と気付かせる評価によって社会的に生きる私がつくられ、広がっていく話を思い出した。

f0236373_21264755.jpgf0236373_21264522.jpg
f0236373_21294737.jpg

f0236373_21293825.jpg

[PR]
by hita61 | 2010-11-02 21:42 | 小学校
 新座市立八石小学校の田尾先生の授業を見学させていただいた。今までもたくさんの先生にお世話になり、授業を勉強させていただいた。しかし、2時間題材以外の題材を始めから最後まで見学することはなかった。つまり、その時間の児童の変容を見ることはあっても、題材を通しての児童の変容を見ることはなかった。また、私がいつも知りたいと思うのは、どのような導入をしたのかということだった。
 そこで、今回は田尾先生にお願いをして、一つの題材の始めから最後までを見学させていただけることになった。

 題材名「よみがる感動 そのときの私」(立体)第6学年 10時間扱い
 田尾先生が題材名を板書してから一番始めに言った言葉は、「感動したことがある?」だった。それから、大きなことでなくても、映画を見て泣いてしまったことも、ラーメンを食べておいしかったことも、引っ越しをした日に雪が降っていたことも感動で、感動はすごいことでなくてもあるという話を子どもとのやりとりの中でされていた。

 大きくなくても心に残っているものを形にしていくこと、学校で用意する材料、「私」を作るための必要な針金の芯の作り方の説明をされた。最後に、来週までに他に使いたいもがあれば持ってくること、そのためには何を作るかを決めておくことを指示していた。

 私だったら、学校で用意する材料の説明をしたときに、他にどんな材料が使えそうか子どもに投げかけて、あげさせている。でも、よく考えてみれば、何を作るか決まっていなければ、どんな材料がいいのかもわからない。ちゃんと子どもが材料を持ってこられるか心配で、ちゃんと材料をもって来られるようにそのような場を設けるのだが、裏を返せば、自分が安心したいためなんだと思った。
 子どもに任せるってことは、私の場合は言いたいことをがまんすることなのかもしれない。
[PR]
by hita61 | 2010-11-02 11:02 | 小学校