図工について考え、これから勉強していこうと思っている小学校教師の日記


by hita61
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:言語活動 ( 2 ) タグの人気記事

 私の勤務校では、今年度から「言語活動の充実から確かな学力を育む授業の創造ー全教育活動をとおして言語力向上を目指す単元開発−」という研究テーマで文部科学省教育課程特例校指定と埼玉県国語教育研究会委嘱を受けている。そのこともあり、私の頭のどこかにいつも「言語活動」という言葉がある。
 図工における言語活動とはどんなことなのか私なりに分かっているつもりだが、文部科学省の奥村教科調査官にお会いしたとき、どうしても「言語活動って何ですか?」と聞きたくなってしまった。だから、聞いた。そうしたら、紙と鉛筆を貸してと、表や絵、よい例と悪い例などを示しながらを教えてくださった。

1 教科目標を達成するための手段の一つであること。
2 「生きる力」を「教科目標」で育成していく。
3 例えば活動が20分、言語活動が25分を行ったとする。6年生ならば、年間50時間だから、25分×50で年間30時間も使うことになる。これでは、いけないこと。
4 活動40分、言語活動5分でよい。なぜならば、活動が豊かになれば、言える力も豊かになる。
5 下の図について。
 ある子が粘土を使った活動をしていたとする。その子は、「色」「形」「イメージ」などを考えて活動いていても、それを第三者は見ることができない。第三者が見ることができるのは、ピンクに囲まれた部分だけである。でも、言葉にすることによって、その子の考えていることが見えるし、それを聞いた他の子が何か思い付くかもしれない。つまり、言語活動をすることによって活動が豊かになる。そのための言語活動である。
f0236373_20443090.jpg

その他にも、京都市立宇多野小学校の授業の動画でも教えてくださった。

 頭の中を整理できたし、根本的なことはちゃんと分かっていたということが分かった。そして、文科省の奥村先生から直接言語活動について教えていただけたことで、安心した。
「おいしい物を食べないとおいしいとは言えない」「感動体験が大切」もここにつながっていくと思った。つまりは、話したくなるような環境づくり、授業づくりをすることが、活動を豊かにすることにもなり、言語活動の充実にもつながっていくのだと改めて思った。
[PR]
by hita61 | 2010-11-04 21:38 | 他の場所
 埼大付属小学校の教育研究協議会に行った。付属小の授業研究会に行ったのは初めてだった。
 分科会で「題材の特性に応じ、児童の活動状況を読み取る評価方法の工夫」の研究発表がされた。児童の活動状況に応じた評価の分析等は、大変参考になった。研究発表を聞くことで、私の頭の中で漠然としていたものを整理することができた。

 指導講評では、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官の奥村先生の話が具体的でとても勉強になった。奥村先生は、一人の児童の目線から授業全体を見ていた。
 それは、
○先生の話を聞いている途中で、持っていた粘土で何かを作り出した→児童はあきてしまった→先生の話が長いと言える
○児童が赤いマジックを前から持ってきた、さらに、後方にある引き出しから折り紙を取り出してきた→誰に聞くこともなく自分で動いている→使いたいものが使える手立てがあると言える
○先生が近くの児童と話しているのを見た、先生が後ろの児童と話しているのを見た→先生が自分以外の児童と話している内容を聞いている→先生が一人の児童と話している言葉は、その一人の児童の支援だけではないと言える
○全児童を黒板前に集めて指導していたとき。
先生が一人の児童に構想の話を聞いた→話を聞いていた児童の目線が、発言している児童の拡大されたワークシートに動いた→ワークシートを拡大したことは、論理的に考えられる手立てになっていると言える
という見方だった。

 私も、一人の子を決めてその子がその時間に何を考え、何を学んでいるのかずっと見るときがあるが、そこから、環境づくり、支援等授業全体を見るには至らなかった。だから、奥村先生の見方がとても勉強になった。

 また、言語活動については、活動がないと言語は生まれないことを、「おいしいものを食べないとおいしいとは言えない。」という例えを使って話されていた。
 言語活動の充実としての教師の存在は、
1 低学年は、先生と話したい。先生と話すことで、「何が」「どこから」どのように」が整理される。
2 高学年では、論理的な会話ができる。先生と話すことで、新しい見方、方法、材料、判断ができるようになる。

 さらに、研究授業では、図工・造形から見ずに、子どもを感じるという姿勢で評価活動すること重要であること、
 共通事項については、
○色や形は、教師も子どもも作品を分析的に見る道具であり、教え込んだり、教え込まれる道具ではない
○ぼんやり印象で語っていたものが、形や色に着目させることで具体的に解説できたり、具体的に考えることができる
とも話されていた。

10分程度の指導講評だったことが残念だ。もっと聞きたいと思った。
[PR]
by hita61 | 2010-10-22 23:10 | 小学校